MENU

iPhoneで格安SIM

電話はほとんど使用しない、自宅ではWiFiに繋げて使っているのに、毎月6千円以上かかっていた携帯料金。
日頃から高いと感じていたため、当時話題になり始めた格安SIMを検討するように。

 

何社か比較して、比較的料金が安くてユーザーの評判も良い「みおふぉん(IIJmio)」に決める。
docomoの契約(2年縛り)が半年ほど残っていたが、違約金を払ってでもすぐにMNPした方が安上がりであることが判明、発売間近だったiPhone6に機種変更するタイミングでMNPすることにした。

 

5年以上使っていたdocomoに別れを告げる際(MNP申請)、オペレーターにまったく引き留められなかったのは意外だったが、それも未練が残らずに済むというもの。
SIMフリーのiPhone6を発売日に無事入手でき、ビックカメラでの手続きに約1時間、晴れてみおふぉんユーザーに。

 

プランは、とりあえず最も安かったミニマムスタートプランにして様子を見ることに(結局、現在まで変えていない)。
データ通信量は毎月2GBまでだが、通話料を入れても月々2千円前後しかかからなくなった。
圏外になる頻度が若干増えたことは残念だが、大きな問題ではないので概ね満足している。
なお、データ通信量が毎月3GBに増量(料金据え置き)されたことも、大きなトピックスであった。

 

ちなみに、SIMフリーのiPhone6は7万円ほどしたが、2年後に3万円以上で下取りできると想定すれば、機種代を含めても月々5千円に収まったことになるので、MNPした効果は間違いなくでている。